子供の頃にしたささやかな賭けゲームといえば、トランプゲームです。

子供の頃したささやかな掛けゲームの思い出

子供の頃したささやかな掛けゲームの思い出

32才、女性のエッセイ : 子供の頃にしたささやかな賭けゲームといえば、トランプゲームです

子供の頃にしたささやかな賭けゲームといえば、トランプゲームです。
子供にとって身近なカードゲームで、いろいろなものを賭けることができるゲームです。
子供の頃はお金を持っていないので、賭けるのはもっぱらお菓子です。
アメを賭けるとか今思うとかわいい遊びでした。

しかしお菓子だからといって負けてもいいわけではありません。子供にとってお菓子というのは、貴重なものであり負けるわけにはいかないのです。

トランプでできる賭けゲームはたくさんあります。大富豪はもちろんですが、大人数で楽しむことができるカードゲームがたくさんあるのです。
一日中飽きもせずに熱中していたことを思い出します。
負けが増えるとストレスになるのは子供にとっても同じです。
賭けているのはお菓子ですが、お菓子にも限りがあって負けが続くと自分のお菓子がなくなってしまいます。どこまで自分のお菓子を賭けて戦うことができるか、というのが子供の頃の自分にとって貴重な体験だったと思います。
子供の頃に十分賭けゲームをしたので、今はあまり興味を持たないのかもしれません。
しかし、今でもトランプの賭けゲームはよくやります。ゲームと本気の中間であるトランプの賭けゲームの方がお金を賭けるギャンブルよりも自分に合っているのかもしれません。

Copyright (C)2017子供の頃したささやかな掛けゲームの思い出.All rights reserved.