小学生のときに友達と、何かの結果をかけたことがあります。

子供の頃したささやかな掛けゲームの思い出

子供の頃したささやかな掛けゲームの思い出

39才、女性のエッセイ : 小学生のときに友達と、何かの結果をかけたことがあります

小学生のときに友達と、何かの結果をかけたことがあります。負けた方が10円払うという小さいかけでした。
たとえ10円でも、親に知られたら怒られたと思います。私でも怒るし、お金以外のものをかけたらと提案します。宿題を1回やってあげるとか、そういうことを子供にはすすめます。
そういえば、お金じゃなくてもいろんなものを友達とかけたことを思い出します。あるときは友達のランドセルをもってあげないといけなかったり、給食の好きなおかずをあげないといけなかったりしました。
自分からかけを言い出すことはしませんでしたが、言われるとついのってしまうタイプでした。
もっと落ち着いて考えたら、自分に有利なかけをするとか、条件を自分に有利にするとか、もっと知恵が働いたと思いますが、当時の私はそういうことができませんでした。

大人になってから金銭をかけたことはありません。子供時代のかけの経験から、そういうことはしない方がいいと思っています。

Copyright (C)2017子供の頃したささやかな掛けゲームの思い出.All rights reserved.