こどもの頃から花札であそぶのが大好きでした。

子供の頃したささやかな掛けゲームの思い出

子供の頃したささやかな掛けゲームの思い出

41才、女性のエッセイ : こどもの頃から花札であそぶのが大好きでした

こどもの頃から花札であそぶのが大好きでした。
まだ小学生の頃から友達や家族と花札で遊んでいたのですが、当時はこれがギャンブルだとは思っていませんでした。
もちろん、ちょっとした賭けはしていました。
こどもの賭けゲームですから、本当にささやかなものです。
賭けたものといったら、お菓子であったり、シールであったり、そんなものです。
だから、賭けだなんて思ってもいなかったのです。

でも、家族や友達と花札をして遊びながら、勝った時は、みんなが持ち寄ったものの中から好きなものを選べるというのがたまらなく楽しかったように思います。花札は大人っぽいカードゲームですが、こどもでも頭を使ってけっこう楽しめました。

花札以外にもポーカーやウノをして、やっぱり同じようにお菓子やシール、便箋などを賭けていました。
賭けというとイメージが悪いかもしれませんが、こどものこういった遊びの賭けというのは、ちょっとエキサイティングでワクワクして楽しい思い出しかありません。

Copyright (C)2017子供の頃したささやかな掛けゲームの思い出.All rights reserved.